アトピー性皮膚炎の新しい治療薬

アトピー性皮膚炎の治療薬としては初めての生物学的製剤のデュピクセントを当院でも導入することになりました。治療費はかなり高額ですが、2019年5月より自己注射が可能になったことと、3か月処方ができるようになったため、高額療養費制度や付加給付制度を利用してかなり費用を抑えることが可能になりました。また、本年6月から新規アトピー性皮膚炎治療薬の外用ヤヌスキナーゼ(JAK)阻害剤デルゴシニブ軟膏(商品名コレクチム軟膏)が発売になりました。従来のステロイドやタクロリムスの副作用に悩まされていた患者さんには朗報ではないかと思います。どちらにも大いに期待しています。